資生堂が開発した4MSK

資生堂が開発した4MSK

資生堂が開発した4MSKって一体なに?

大手化粧品メーカーの資生堂が開発した美容成分に、”4MSK”という成分があります。
美白や美容に効果がある成分が私たちの周りにはたくさんありますが、その中でも4MSKはあまり馴染みがない言葉ではないでしょうか?
4MSKとは「4-メトキシサリチル酸カリウム」を略した名称で、サリチル酸の誘導体です。
4MSKには高い美白効果があるとして、2003年に厚生労働省から認可もされている成分です。

 

 

■4MSKにはどうして美白効果があるの?
では4MSKはどうして美白効果があるのかを調べてみましょう。
まず4MSKには、メラニン色素が生成されることを抑える働きがあります。
シミやソバカス、肝斑といった症状はメラニン色素がお肌に沈着することで起こります。
メラニン色素はお肌が紫外線などの外部刺激を受ける事で、お肌を刺激から守るために生成されているものです。
メラニン色素の生成にはチロシナーゼやチロシンといった物質が必要で、これらが働きかけることでメラニン色素が誕生しています。
4MSKはこのメラニン色素の生成を抑える効果があるため、シミやソバカス、肝斑といった症状を防いだり改善することができるんですよ。
また4MSKにはメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、生成されたメラニンを排出させる効果もあります。
お肌が健康な状態であれば、メラニン色素が生成されてもお肌のターンオーバーによって排出されます。
そのためシミやソバカスとしてお肌に沈着することはないのです。
しかしお肌のターンオーバーは、年齢や生活環境、ストレスなどによって簡単に滞ってしまいます。
また角化異常がある場合にも、メラニンを上手く排出することができません。
ターンオーバーの滞りや角化異常があると生成されたメラニン色素は上手く排出できず、残ったメラニン色素がシミやソバカスとしてお肌に現れてしまうのです。
そのため美白ケアをするのであれば、お肌のターンオーバーを促したり角化異常を改善してあげる事も重要です。
その点4MSKには角化異常を良くする働きもあるため、メラニン色素も上手く排出できるようになり沈着してシミやソバカスになるのを防ぐ事ができるのです。

 

 

このように4MSKはメラニンの生成を抑えるだけでなく、生成したメラニンの排出をも促す効果があるため高い美白効果が実感できるのです。

資生堂が開発した4MSK関連ページ

ビタミンC1000mgを毎日摂取すれば色白になれる?
ビタミンC1000mgを毎日摂取すれば色白になれるのでしょうか?またどれくらいの期間、服用すれば色白効果がでてくるのでしょうか?
日焼け止めを塗っても効いてない人もいる?!
日焼け止めを塗っても効いてない人もいる?!のをご存知でしょうか?
つい油断していませんか?曇りの日の紫外線
つい油断していませんか?曇りの日の紫外線対策
キューカンバーエキス
キューカンバーエキスについて
E-カドヘリン
E-カドヘリンについて